To Be Myself

~自分らしく~


あなたが「自分らしく」

生きていくこと・・・。

価値観であったり

環境であったり

自分らしい生き方は

できていますか?

自分らしい生き方を

一緒に探しませんか?



国家資格キャリアコンサルタント
産業カウンセラー

To Be Myself / 秋田 拓也


個人の方、組織・団体の方、お気軽にご相談ください。

~ あなたと一緒に考えます ~

いま、自分らしい生き方ですか?

それは本当にやりたいことですか?

そのモヤモヤした気持ちと向き合いませんか?

「将来のキャリアプランは?」
「転職を考えているけど」

「自分のことをもっと知りたい」
「本当にやりたい仕事?」

「モヤモヤの原因は?」
「セカンドキャリアについて」

「仕事と子育ての両立」
「このままの人生でいいのか・・・」

「中年の危機」「人生の正午」
「空虚感」「人生の意味


誰にでも、様々なタイミングで訪れます。
向き合うのは、いまなのかも知れません。

向き合うあなたに最適なサポートを・・・。

トピックス

男女の賃金の差異の情報公表が義務化されました。
(301人以上の企業
) 


厚生労働省は、2022年7月8日に女性活躍推進法の省令・告示を改正し施行しました。今回の改正で、女性の活躍に関する情報公表項目として「男女の賃金の差異」を追加し常用労働者301人以上の大企業に対し情報公表を義務化しました。

(厚生労働省)

 2022年10月1日からスタート!

産後パパ育休」
(出生時育児休業)と
「育児休業の分割取得」
 

2022年4月から育児休業を取得しやすい雇用環境の整備と制度の周知・意向確認の措置が義務化されましたが、さらに男性の育児休業が取得しやすくなる施策が本格稼働します。

(厚生労働省)

パワーハラスメント対策が事業主の義務化!(2022.4.1)
セクシュアルハラスメント等の防止対策も強化!


<労働施策総合推進法(抄)>(雇用管理上の措置等)
第30条の2事業主は、職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。(続く)








(続き)

2.事業主は、労働者が前項の相談を行ったこと又は事業主による当該相談への対応に協力した際に事実を述べたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない。(厚生労働省)

カウンセリングのご利用について

特定商取引法に基づく表記

LINE 公式アカウント